ニキビと色素沈着について

ニキビと色素沈着について


ニキビって、腫れるし、痛いし、ぼこぼことするしでとても嫌ですよね。

しかも、おさまって元通りの肌になればいいのですが、
全てのニキビが必ずしもきれいに治るとは限らないのがまた、困ります。

例えば、ニキビのおさまり具合によっては、目立つほどの色素沈着が見られることもあります。
ニキビによる色素沈着は、ニキビの炎症の痕に茶褐色や、紫色のくすみとして残ることを指しています。

この色素沈着は、一体何故引き起こされるのでしょうか。

まず、この沈着した色素とは、
血中の赤血球に含まれているヘモグロビン、そして紫外線を吸収したりするメラニンなどです。

ニキビのダメージにより、これらの色素がニキビ跡に残留してしまうことで、くすみができてしまうのです。

これらの色素沈着は、ふつうは肌の新陳代謝によって、余分な角質と一緒に徐々にはがれおちていきます。

しかし、自然に消えるのを待つには、時間もかかります。

もし、短時間で色素沈着を取り除きたいのであれば、
クリニックなどで色素沈着用の施術を受けるなどの手段になってしまいます。

このように、ニキビは色素沈着という二次被害も引き起こすやっかいなものです。

しかし、角質が入れ替わるまでの時間がすぎれば、自然と剥がれおちて治るものと考え、
そこまで気にしないようにし、ニキビの予防などのスキンケアに専念すると良いでしょう。


このページの先頭へ戻る