ニキビとビタミンCの関係

ニキビとビタミンCの関係とは?




ニキビができると言う事は、栄養が不足しているという体からのサインかもしれません。

たとえば、体から不足することでニキビが発生しやすくなってしまう要因に関わる栄養分の中に、
ビタミンCがあります。

このビタミンCは肌にどのような作用をもたらし、ニキビ発生にどのように関わっているのでしょうか?


過剰な皮脂の分泌を抑制する働き

ニキビの原因の一つに皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まるというものがあり、

ビタミンCはそれを抑制してくれるのです。

抗炎症作用

そのため、もしニキビが発生した後でも、その炎症を抑えてくれる効果も発揮します。

さらに、ビタミンCには、毛穴にできた角詮をゆるめる効果があり、

これもニキビの予防となります。
その他にも、治った後もニキビ痕が残るのを防いだり、
肌にダメージを与えると言われる活性酸素を中和するなど、
ざっと挙げただけでも様々な効果がビタミンCにはあるのです。


 


上記のように、ビタミンCはニキビの原因を生み出す色々な肌トラブルを回復してくれる、
大変肌とかかわりの深い栄養素だったのです。

まさしくニキビ対策には、ビタミンCは欠かせない栄養素と言って過言ではありませんね。

ビタミンCは、ピーマンやブロッコリー、レモンなど緑黄色野菜や果物から摂取することができます。

普段から食事に取り入れるなど意識してみると、肌の健康を促進できることと思います。


このページの先頭へ戻る