思春期ニキビと大人ニキビ

思春期ニキビと大人ニキビの違いとは? 


ニキビに悩んでいる方は、実は世代を問わず多数いるのではないでしょうか?

ニキビを大まかに分けると、思春期ニキビ大人ニキビの二つに分けられます。

思春期ニキビはその名の通り、思春期に発生しやすい性質のニキビの事です。
対して、大人ニキビは、思春期を完全に過ぎ、大人の時期になってからできるニキビを指します。

できる時期が異なる以外に、両社には根本的にはどのような差異があるのでしょうか。
発生のメカニズムを見て比べてみましょう。



 

思春期ニキビ



まず、思春期ニキビは、ホルモンバランスや偏食などが引き起こす、皮脂の過剰分泌によって発生します。

特に思春期の頃は成長ホルモンが分泌されやすい時期であり、二次性徴の時期でもありますから、
男子は男性ホルモン、女子は女性ホルモンの分泌が活発です。

それらの二次作用で、皮脂も過剰分泌されるようになるのです。


大人ニキビ



一方、大人ニキビの方は、お肌の新陳代謝の滞りによる古い角質の詰まりが発生させるニキビです。

ストレスや生活習慣の乱れが、適切な新陳代謝をさまたげた結果、肌から落ちていかなかった古い角質が残ってしまうのです。

具体的には、睡眠不足、ストレス、ビタミンの不足など様々な要素がかかわっています。


 


以上のように、ニキビの原因は様々ですが、大別すれば思春期ニキビは皮脂の過剰分泌、
大人ニキビは古い角質が毛穴に詰まってしまうことが、最終的な原因と言えるようですよ。

ニキビに効く洗顔方法について

ニキビができてしまうと気持ちまでどんよりしてしまいます。

 

治るまで時間がかかったり、跡にならないよう気をかけたりと、
なにかとケアも面倒ですので出来る限り予防したいものですね。

 

ニキビの予防で大切なのは日々の洗顔です。
これをしっかり適切に行うことでニキビを予防しましょう。

 

ニキビを予防するのだから、肌を清潔に保つためにも何度も洗顔すればよい!」と、
勘違いしている方はいませんか?

 

これは大きな間違いです。
肌を清潔に保つことは勿論大切ですが、過度の洗顔は逆効果です。

肌にはある程度の油分がないと乾燥してしまいます。
この油分によって肌に潤いを閉じ込めているためです。

 

しかし過度に洗顔を行ってしまうと、
この「肌に必要な油分」までも洗い流してしまうことになります。
そうすると肌の潤いが閉じ込められなくなり、肌が乾燥します。
乾燥は肌にあらゆるトラブルを招きますので、ニキビが出来やすくなってしまうというわけです。

 

洗顔は基本的に朝と夜、1日2回で十分です。
洗顔フォームや石鹸はしっかりと泡立て、たっぷりの泡で手のひらで優しくなでるように洗います。
この時ごしごしと擦り洗いしないように気をつけてください。

 

すすぎは35度くらいのぬるま湯で、やはりこすらないように、
でもきちんと洗顔料が綺麗に落ちるよう、丁寧に洗い流していきます。

 

洗いおわったら清潔なタオルで押さえるように拭き取ります。
この時もタオルで顔をこすらないように注意します。
毎日の洗顔を少し見直してみて、ニキビが出来にくい肌を目指していきましょう!
リプロスキン

更新履歴


このページの先頭へ戻る